新年あけましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。
日本防犯システム 名古屋支店の栗原です。

時が経つのは早いもので、もう2017年になってしまいました。
思い返せば2016年は変化の多い年でした。
故郷の福岡を離れ、名古屋に転勤してきたのが5月。
初めての名古屋、初めての引っ越し、初めての一人暮らし、、、

当初は不安に思うことも多かったですが、名古屋支店のメンバー、販売店様等
多くの方々に支えられて2016年を駆け抜けてきました。

私としては、2017年が勝負の年だと考えています。

昨年の「変化」から「進化」できるよう今年も頑張ります。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

Posted in その他 | Leave a comment

御陰様で

日本防犯システム 福岡支店の前田です。

早いもので今年も残りわずかととなりました。
皆さま、やり残しはないでしょうか。

さて、日常の様々な場面で、「おかげさま」を使うかと思います。

おかげさまには「目には見えないさまざまな支えによって」という
背景があり、自分を支えてくれているご縁に感謝するという精神があります。

外国語では正確に訳することができないと言われてます。
日本独特のアイデンティティです。
我々しか持ち合わせてない精神、大切にしたいものです。
最後に、、、

おかげさまで今年も無事に1年過ごすことができそうです。

今年の感謝を述べるとともに来年も宜しくお願いします。

Posted in その他 | Leave a comment

12月のイベント

初めまして。日本防犯システムの岡です。
今年の6月から新入社員として
大阪支店で営業活動をさせて頂いております。
皆様、そろそろクリスマスですね。
大阪の街中ではたくさんのイルミネーションが無数に光り輝き、
仕事帰りの私を癒してくれています。

皆様が住んでいる街にもイルミネーションはありますか?

関西では大阪だけでなく、様々な所でイルミネーションや
ライトアップのイベントが開催されています。

先日、その1つでもある「京都・嵐山花灯路」に行きました。
嵐山といえば、竹林が有名です。
その竹林が12月中旬限定ではありますが、ライトアップされるのです。

一本道の両側に生える竹林が見事に光り輝いていました。
いつもとは違う夜の嵐山も幻想的で美しく、とても感動しました。

嵐山ライトアップ

 

私も「嵐山花灯路」のように、
大勢の人を魅了できる光り輝く営業マンになれるよう、
何事にも全力投球し、精進して参ります。

12月後半から寒さも今以上に本格化していきます。
皆様も十分寒さ対策をして風邪には注意して下さいね。

今後とも日本防犯システムをよろしくお願い致します。

Posted in その他 | Leave a comment

防寒対策

初めまして、今年の4月に入社致しました、
日本防犯システム 本社所属の前野と申します。
突然ですが皆様は、夏と冬はどちらがお好きでしょうか?
私は、寒いのがとても苦手なので夏の方が好きです。

12月に入り、気温も1桁を記録する日が多くなってまいりました。
そのため、しっかりと防寒対策をおこなう必要がでてきました。
現在は、とても多くの防寒グッズが販売されており、
見ているだけで温かくなれるような製品が多くあります。

私は、スーツの下にヒートテックやヒートパンツを着たり、
レッグウォーマーを履くことで防寒をしております。
冬の営業マンにとって1番の敵は、風であると思いますので
できるだけ風を通さない服装で営業をおこなっております。

また、風といえば、風邪対策も一流の営業マンにとって必須事項であります。
風邪予防のためにも手洗いうがいをしっかりとおこなうよう心掛けております。
入社したばかりで至らぬ点も多くございますが
最後の月を笑顔で終えることができますよう
営業にも防寒にも一層力を入れ、取り組んでまいります。

今後とも日本防犯システムを宜しくお願い致します。

Posted in その他 | Leave a comment

新たなる挑戦

初めまして、日本防犯システム広島支店の濱渦です。
今年の6月から広島配属になり
新しい挑戦をしようと思いジムに通い始めました。

土日の週二回だけですが継続することで
確実に体が変化していくことが分かります。

営業も販売店様の所に継続的に通うことで
信頼が作られていくものだと思いますので足繁く通い、
お客様の要望にお応えできるよう全力でサポートしていきたいです。
まだまだ未熟者の私ですがいろんなことに挑戦していき
自分自身を大きく成長させていきたいと思います。

そして、これからも新しい挑戦をし続けていく
日本防犯システムを宜しくお願いします。

Posted in その他 | Leave a comment