ホーム > 『警備保障タイムズ』第171号に、「ネットワークカメラとNVRの新製品」の記事が掲載されました

『警備保障タイムズ』第171号に、「ネットワークカメラとNVRの新製品」の記事が掲載されました

『警備保障タイムズ』(2017年5月1日発行 第171号)に、「PF-RWシリーズ」のネットワークカメラとビデオレコーダー8機種について、記事が掲載されました。



《以下、本文》
日本防犯システム(東京都港区、賀来泉社長)は、ネットワークカメラ5機種とネットワークビデオレコーダー3機種を発売した。
「PF-CW1020」は、フルHD対応2メガピクセル屋外IRバレット型ネットワークカメラ。「同1020M」は、電動バリフォーカル(可変焦点レンズ)、虫が嫌がる特殊な超音波でクモを寄せつきにくくする"蜘蛛の巣ガード機能"を搭載する。マイクロSDカード(最大64ギガバイト)に対応(SDXC・SDHCカード)、200万画素(フルHD)、画像圧縮方式はH.265 264(MP) M-JPEG、IP66(防水防塵)と高性能。
「PF-CW1011」は、フルHD対応2メガピクセル屋内ドーム型ネットワークカメラ。屋外型の「PF-CW1021」は、IP66(防水防塵)を備えている。
「PF-CW1012」は、フルHD対応2メガピクセルボックス型ネットワークカメラ。マイクロSDカード(最大32ギガバイト)対応。
「PF-RW1004」「同1008」「同1016」の3機種は、フルHD対応PoE給電方式、4CH、8CH、16CHネットワークビデオレコーダー。ダイナミックDNS、デジタルズーム、S・M・A・R・T(自己診断機能)、ネットワークタイムプロトコル、内蔵ブザー、多言語対応、Eメール通知の機能を持つ。同レコーダーを用いることで、異なる規格のシステムを組み込む一括管理が可能となる。
以上の製品は同社「JSS顔認証システムPF-SF100」を併用すれば、店舗の顧客管理や万引き等に対する防犯強化を実現できる。
(以上)